20代が求めているロレックス・ROLEXの種類はどれ?

若い人たちは、ロレックス・ROLEXの中でもどのような種類を求めているのでしょうか。 20代の人たちに一番人気のロレックス・ROLEXはといえば、エクスプローラーⅠ(Ref.214270)です。

エクスプローラーⅠ(Ref.214270)

エクスプローラーⅠ(Ref.214270)は、 探検家用に開発されたモデルです。 1950年代に誕生したもので、若い人たちも、このようなロレックス・ROLEXの歴史の重さに惹かれる傾向はあるようですね。それは、ロレックス・ROLEXの時計を欲しがっているすべての年代に通じることです。 ロレックス・ROLEXのエクスプローラーは、数字が「3」、「6」、「9」と配す文字盤が特徴で、すぐにそれはわかるでしょう。こんなロレックス・ROLEXを持っていたらいつも周囲の人たちに自慢をすることができますよね。 Ref.214270は、従来ある36mmケースよりも、 39mmと若干大型です。 針などに塗られた夜光塗料の発光色もグリーンではなく、ブルーです。 ムーブメントも、耐磁性や温度変化に強いブルーパラクロム・ヒゲゼンマイが使用されて、耐久性や精度が高く日常生活でも安心して使用することができます。

サブマリーナーデイト(Ref.116610LN黒文字盤)

更に若い人たちが求めているロレックス・ROLEXは、サブマリーナーデイト(Ref.116610LN黒文字盤)です。 ロレックス・ROLEXの中でもサブマリーナはいつも注目度が高いです。 ロレックス・ROLEXサブマリーナは、世界ではじめてダイバーズモデルとして誕生したものです。 300mの潜水用防水が施され、プロのダイバーたちからも高く評価されています。 Ref.116610LNは、 アルミベゼルからセラミックベゼルへと変更され、傷がつきにくい配慮があり、ブレスレットも改良されて、工具要らずで長さも調節することができます。

シードゥエラー(Ref.116600黒文字盤)

さらに若い人たちが求めているロレックス・ROLEXは、シードゥエラー(Ref.116600黒文字盤)です。 シードゥエラー(Ref.116600黒文字盤)は、サブマリーナと同じプロダイバーズ用モデルとして誕生しました。 シードゥエラー(Ref.116600黒文字盤)は、シードゥエラーの4代目で比較的新しいロレックス・ROLEXです。 サブマリーナと比較すれば、どこか重厚感が漂う雰囲気ですね。 人気のロレックス・ROLEXを選択すれば、かぶってしまうこともあるので、それを回避してシードゥエラー(Ref.116600黒文字盤)を求める人もいるようです。


Copyright(c) ロレックスPRESS All Rights Reserved.