ロレックスの歴史

高級腕時計メーカーとして世界中にその名を知られるロレックスですが、その歴史についてはあまり詳しく知らない人も多いはずです。
高級ブランドとしてだけでなくロレックスの腕時計は、所持している人の社会的ステータスや、地位や収入を測るバロメーターにもなっています。
1905年、ロレックスはハンス・ウィルスドルフによってロンドンで創業しました。
ハンス・ウィルスドルフはドイツ人でしたが、スイスやロンドンで時計に関する仕事に従事していました。
1907年にロンドンからスイスに本拠地を移し、会社名をロレックスに変えて1915年から本格的に時計の開発と販売を始めました。
1926年に世界初の防水腕時計を販売します。
これが現在もブランドの一つとして知られるオイスターの源流です。
防水機能を持った腕時計はオイスター以前には存在せず、空前の売れ行きを示しました。
1931年には画期的な自動巻きシステムを搭載したパーペチュアルが発売されました。
これまで腕時計は自分でネジを巻く手間があったのですが、ロレックスはこの難題を解決したのです。
1945年には日付を表示する機能を搭載したデイトジャストが登場し、ロレックスの腕時計会社としての信頼は揺るぎないものになりました。
その後も商品開発は続けられ、過酷な環境でも使えるエクスプローラーシリーズや、潜水にも対応したサブマリーナー、航空パイロットに愛用される24時間時計GMTマスターといった名作を輩出しながら現在に至ります。


Copyright(c) ロレックスPRESS All Rights Reserved.